アスリートが自覚するべき価値

私がプロバレーボールチームに2年関わって感じた危機感

それは、選手が重視している価値観がチームを勝利に導くための行動に偏っていることだ。

私はバレーボールV1リーグ女子、ヴィクトリーナ姫路で「チーム・選手の価値を高める」ための教育を担当している。

その価値とは、「市場・社会で求められる存在」「チームの売り上げに貢献できる力」のことを指す。

姫路は昨シーズンV2リーグに参入し、リーグ戦で優勝したのちにV1リーグに昇格した。私はバレーボール未経験者であるが、ここに到るまでにチームがどれだけの努力を重ねて結果に繋げたかを思うと、頂点に立つために常に行動し続けることの大切さを強く感じるし、とてつもない精神力を維持することの大変さも感じる。

スポーツの世界では、当然勝利に貢献する力を重視し、結果を出すことが最も重要なのは承知している。

ただ、姫路はプロチームであり、会社の原資の多くがスポンサーや後援会からのご支援である。そしてステークホルダーの存在があり、日頃から応援してくださる多くのファンによって支えられている。

チームが存続するために必要で、求められる存在になるために必要な価値
「チームの売り上げに貢献できる力(スキル)」を強化するためには、これまでに蓄積してきた経験や知識にプラスして、
今まで知らなかったことを知る機会、教育が必要だ。

この教育の部分が姫路が本格始動した2年前から重要視され、研修を実施し評価と行動改善のサイクルを回している。



そしてV1に昇格した今、ホームタウンである姫路を大切にし、バレーボールという競技がもっともっと多くの人に応援され、子どもたちの憧れのチームになるためには学び、行動し続け、選手一人ひとりの価値を高めることが大切だ。

進む方向をみて行動を続ける

姫路のある兵庫エリアには、同じV1カテゴリーの久光製薬スプリングスさんと、JTマーヴェラスさんが存在する。どちらも強く、母体は日本を代表する大企業の実業団だ。

ただ、バレーボールをよく知らない・興味がない層からすると、チーム名を聞いてもピンとこないし、違いがよくわからない。東京23区内のある中規模総合病院(2箇所)で接遇研修の際に対象職員に「ヴィクトリーナ姫路」を聞いたことがあるかを質問したが、手を挙げる人はいなかった。

バレーボールがオリンピック競技であることは知っているけれど、Vリーグという存在すら知らないということも投げかけた質問でわかり、多くの人を魅了するコンテンツとしてはまだまだ道のりは厳しいことがわかった。

多くの人に応援しているクラブチームになるには、まずは知ってもらうことが必要なのだ。しかも、人々が余暇や自分のプライベートな時間やお金を投資する対象は、エンタメだけではない。

こうした事実を研修で選手たちに伝えると、皆黙り込んでしまうのだが。。。

姫路は発足当初から様々な新しい取り組みにチャレンジしてきた。
研修もその一つだ。
選手には、戦績を上げるためのトレーニングと同時に、
様々なエンタメを経験し、人々が何に熱狂し楽しんでいるのかを自分でも感じてもらいたいといつも伝えている。

自分が夢中になって楽しめるものを発見して「なぜこのコンテンツがこんなにも魅力的なのか」を考えて欲しい。
それが、自分たちが作り出すものに必ず繋がってくると思うから。

そして、バレーボールってなんだかわかんないけどすごく楽しい!選手がかっこいい!
そんな存在になるために、選手たちは日々トライし続けている。

このブログの著者
大久保美帆(おおくぼみほ)
フリーランスのブランディングトレーナー
元看護師目線の病院スタッフ向け接遇研修講師
臨床実習前の看護学生向け接遇研修講師
バレーボールチーム「ヴィクトリーナ姫路」で研修の監修・制作・講師担当
元陸上自衛官・元看護師