振り返るほど存在感のある美人は所作も美しい

顔が美しくてスタイルが美人なだけの女性は、一瞬目を引くが頭の中に強く印象として残り続けることはない。

 

 

私がすれ違った後も思わず振り返って見つめてしまうほどの美人とは、存在感のある美人だ。

 

 

《存在感》

 

 

それは、つけたくて身につけられるものではなく、生まれ持った性質であり、
今まで生きてきた中で培ってきた経験の凄み、

 

 

そして何より、《美しい所作》である。

 

 

先日、私がコラムを執筆寄稿しているママ・主婦向けメディアの4yuuu!の企画の撮影で、
まさにこの《美しい所作》について監修を行った。

 

image3

 

 

・電車を待つホームでの立ち姿
・待ち合わせの時にスマホを操作している姿
・カフェで気の置けない友人と話している姿

 

 

どのシチュエーションも、特に周囲のことを意識していないからこそ無防備な姿をさらけ出している女性がとても多い。

 

 

ヒールが高すぎてつま先が前に滑り、前傾姿勢でヒップを突き出して立っている人。
スマホを体の下の方で覗き込んで、二重アゴになっている人。
中には、膝丈スカートなのにベンチに座って両膝を広げて下着が丸見えの状態の女性も散見する。

 

 

もったいない。
いくらヘアメイクとファッションが完璧でも、がさつに見えてしまう振る舞いをすれば台無しだ。
所作が美しいと、振り返って二度見したくなる美人に見える上に、知的さや優雅さや上品さも感じられるのに。

 

 

今回の企画では、そういった日常の動作で美しく魅せるポイントや、
普段着ではなかなか手を出しづらいジャケットコーデについてが特集記事になる。

 

image1

 

あなたの所作は美しく見える?

 

 

4yuuu! プロフェッショナル〜大久保美帆のコラム
https://4yuuu.com/users/profile/698706