Power Women Contest 2013が終わりました!!

私、大久保美帆が実行委員をつとめさせていただいた

 

 

Power Women Contest Final 2013

 

 

 

12月2日に開催され、全国各地から集まった9名のファイナリストたちによる

ハートフルなプレゼンが展開されました!!

 

 

 

ファイナルにふさわしい、華やかなステージ☆

 

 

 

みなさま、自分の想いを自分らしく伝えるためにそれぞれが衣装のテーマを決め、

事前にヘアメイクも含めた入念な打ち合わせをして臨まれました。

 

 

 

なんと衣装のコンサルは、実行委員副委員長でイメージコンサルタントの櫻あさ子さん

写真つきメールで遠隔コンサルされたんですよ♪

 

 

 

ファイナルでのみなさまの衣装、じっくりご覧くださいね♪

 

 

 

 

IMG_6203

 

 

 

いかがですか?

 

 

みなさんの衣装からどんなことを表現したいか、みなさんに伝わっていますか?

 

 

それぞれに表現したいテーマがあります。

 

 

「誠実」「親近感」「逆境を楽しめるポジティブさ」「太陽みたいに眩しい」などなど。

 

 

そのテーマを衣装とヘアメイクで表現しています。

 

 

 

 

 

大きな舞台でのプレゼン。全国の予選を勝ち抜いてきた素晴しいファイナリストたち。

その中で自分らしいパフォーマンスを発揮するのは、容易なことではないと想像できます。

 

 

 

でも、自分の外見を表現したいイメージでコーディネイトできれば、

不思議とスイッチが入るんです。

 

 

 

「今の私はすっごいイケてる」

(↑表現が昭和風なのはご容赦願います・・・)

 

 

 

 

鏡の前でイメージどおりにchangeした自分を見てそう思えれば、

堂々と振る舞うことができるんです!!

 

 

 

 

 

これは、目の前で同じような気持ちになった多くの女性達を見てきた

メイクセラピストの私が言うのだから、間違いありません。

 

 

 

狙いどおり、ヘアメイクを終えて衣装に着替えたファイナリストたちの表情は

光り輝き、その姿は堂々たるもの!!

 

 

3分という短いプレゼンの中で、全員が会場を巻き込む圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。

 

 

 

もう私、最初から涙腺崩壊しそうでした。

 

 

 

そんな私の審査員席での様子はコチラ↓

 

 

IMG_6216

 

 

 

最後にグランプリ受賞者と実行委員。

 

 

PWF最後の集合写真

 

 

 

ひととの出会いって、不思議で温かいです。

 

 

 

もしこの場にいなかれば出会えなかったひとたち。

 

 

 

 

今の自分よりも少し高いハードルにトライしてみると、

自分にできることが増えるだけでなく、出会う人、環境も

今より格段に素晴しいステージに行き着きます。

 

 

 

自分が「自分らしく」いられる外見を作り、新たなステージにトライすること。

そのチャンスが巡ってきたら、臆せずチャンスをつかんで下さい。

その準備ができているひとのもとには、必ずチャンスが巡ってきます。