美POWERプロデューサー大久保美帆

美Powerプロデューサーの大久保美帆です。

 

 

163

 

このサイトは、

40〜50代の女性経営者や企業内で管理職として活躍する女性が

一目でどんな仕事をしているかを相手に伝え

自分の内面の強みを相手に伝わる外見にし

自分の内側から自信が溢れてくる第一印象を一緒に作り上げたい

そう思い立ち上げました。

 

 

私の自己紹介をさせていただきますね。

 

 

美Powerプロデューサー

女性経営者・管理職向け印象マネージメントコンサルタント

企業向けインプレッションマネージメントセミナー

社団法人メイクセラピストジャパン認定メイクセラピスト

他自治体主催の女性セミナーや引きこもり女性の社会復帰支援でも

活動しています

 

 

私がトレーニングを受け、印象マネージメントの専門家として学んだメソッドは

日本を代表する企業で数々の人材育成研修を行っている株式会社コンシャスインターナショナル

岩井結美子代表が直伝するメイクセラピーです

 

 

【経歴】

21歳 大学病院の看護師

24歳 日々の業務に追われる生活に燃え尽き

場所を変えてやり直そうと決め

陸上自衛隊に看護官として入隊

基本は自衛隊病院で陸海空の隊員や防衛省職員関係者を

受け入れる業務

訓練の時には南富士の演習場などで戦闘服を着て

野戦病院を想定した訓練をしたりしていました

 

今の仕事に大きくつながっていく任務は

政府要人の医療支援チームに所属して国内外を随行して回ったこと

 

 

ここで、世界のVIPの洗練された外見や立ち居振る舞いを

間近で見続けた期間に、随行中にあるべき自分の姿

日本を代表する要人を支えるスタッフとして

 

 

誠実であり、何が起こっても対応できる信頼感あふれる堂々とした女性看護官

 

 

そんな第一印象をもってもらうべく研究を重ねました

 

 

その結果、

一番変化を感じたのは自分自身

立場の違いに関係なく、看護官として堂々と振舞うことができ

それが仕事での評価にもつながりました

 

その時代にお世話になった方々には、

今でもお声がけいただき、何かと気にかけていただいています

 

 

病院では白衣の看護師

山では迷彩服の看護官

随行では黒スーツの医療のプロフェッショナル

 

 

どれも同じ看護の仕事ではありますが、

場所・目的・ご一緒するひとの属性が違うのです

だから、私の見せ方もその時その時で違って当たり前なのです

私を信頼してもらうには、むしろ見せ方を変える必要があるのです

 

 

その見せ方に変化をつける手段が

ヘアメイクとファッションと言葉と立ち居振る舞い

外見はその人の内面を表しています

どんなに素晴らしい内面を持ち、仕事で成果を上げていても

外見で相手に伝わらないことがあります

 

 

 

メイクで外見が変わればスイッチが入り行動が変わります

私が伝える印象マネージメントは

あなたの内面を相手に伝えるための一番大切な手段なのです